法人登記の申請書に法人名の「フリガナ」を記載することになる件

法務省からのお知らせによると、今年(2018年)の3月12日以降、商業・法人登記の申請をするときは、申請書に法人名のフリガナを記載することになるそうです。

その理由は、法務省民事局によると・・・ 
「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」(平成29年5月30日閣議決定)の別表において、「法人が活動しやすい環境を実現するべく、法人名のフリガナ表記については、(略)登記手続の申請の際にフリガナの記載を求めるとともに、法人番号公表サイトにおけるフリガナ情報の提供を開始」することとされました。
・・・・というものです(なんのこっちゃ)。

アルファベット表記の会社名も多くなってきましたから、その会社にとって正しい読み方をあらかじめ定めておくことはいいことでしょうね。

フリガナはひらがなではなく、カタカナで書きます。

また、このフリガナは国税庁法人番号公表サイトで公表されますので、いい加減なフリガナを付けると、そのままサイトで公表されてしまうのでご用心です。